α7Ⅲ

α7Ⅲに、NEX-5Rについていた16-50をつけて街に出る

更新日:

今日は。

今日は、α7Ⅲに、NEX-5Rについていた、パワーズーム 16-50mm「つけて、街撮りに行きました。

左の小さいのが、APS-C機のNEX-5Rです。

α7Ⅲについていた28-70は、vlogではちょっと画角が狭くて、もうちょっと引きたいなと思うことが多いので、時々付け替えます。

16-50は、フルサイズ換算で24-75mmなので、広角端が少しはいいのです。

料理などを撮るのにはこれくらいがいいので、グルドン民のオフ会に持って行きました。

他には、PeakDesignの ProPad。

そして、GoPro7のShorty運用。

ProPadについては、下記に紹介記事を書いていますので、ご覧くださいね。

下のは新天町にあるメルヘンチャイムです。

メルヘンチャイムについてはこちら。

日本一の大時計台メルヘンチャイムですが,かなり大きいので,α7Ⅲのレンズキットでついていた28mmでは入らないんです。

NEX-5Rについていた16-50(換算で24-75)なら,よく入ってくれます。

F3,5 1/60 ISO500

こちらは上と同じでオートで撮ったんですが,なぜかシャッタースピードとISOが変わってるんですよね。

F3.5  1/30 ISO200

シャッタースピード1/30で,ISOが200になってるんです。

暗いと判断したんですかね。

でも,その割にはISOは200にへってます。

なぜでしょうか?

よくわかりません。

これは,ちょっとF5にしぼりました。サラダ全部にはフォーカス当てたかったからですが,まだまだ足りませんでした。サラダでもボケているところがあります。F10くらいにしないといけなかったようです。

F5 1/50 ISO2000

さらに絞るとISOがさらに高くなるけど,結構上げても大丈夫なようです。

これは,F5.6になってますね。

F5,6  1/60 ISO1000 露出補正-0.3

露出補正で1段下げたからか,絞ってもISOはむしろ下がったくらいです。

こちらは,ISO250ですが,麺が白いので明るいんでしょう。

F3.5  1/30 ISO250  露出補正-0.3

はい。

16mm(換算24mm)だと,室内の食べ物を撮るのにいいですね。

28mmはちょっと近づきすぎます。

食事のときには,16mmを持っていくのがいいかな。

-α7Ⅲ
-

Copyright© Lyusytleの写真チャンネル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.